ぶりこらーじゅ

思いついたことを組み合わせて

記憶力がない

ふつうに日常のことを書きます。


今年度に入ってから記憶力が異様に落ちました。

具体的なところだと

・手帳に書きそびれた予定を把握できなくなった

 →以前は書かなくても覚えてたor翌日に書くとかしてた


・自分の行動の根拠が思い出せない

→旅行の日程を変えた後、なんで変えたのかマジで思い出せない


・なんで席を立ったか忘れる


・物をどこに置いたか忘れる(無意識にどっか置く)



ボケてるんでしょうか。論理的思考力?とやらもまるでなくなっている気がします。仕事柄ルーチンワークしかしないし頭脳労働もないんで仕方ないのかな。


今年度に入ってからこういう症状が現れはじめたのが怖すぎるんですが、なんか引き金があったんでしょうか。治癒方法は。

ただ生きること

ただ生きるだけでよいのに。

なんでしょうか、我々の世代に共有されている呪いなのでしょうか、あるいは義務教育の方針であったのか、我々は「ただ生きる」ことを許容してもらえない。

生まれた意味、生きる目標、達成感、自分の軸、あらゆる手段で、我々の人生に物語性を持たせようとする圧力がどこかにあります。

まあ確かに「ただ漫然と生きる」よりは、自らの物語を構築しながら生きていく方が健全なのではないかという気はします。

しかしもはや「ただ生きる」こと、それ自体が密度の高い物語となりうるくらい、我々の世代は切迫して来ています。切迫しているというか、金がなく、国に対する希望がなく、情報過多ゆえに夢を見ることもできない。

「ただ生きる」ことが精一杯なのです。

ただ生きること

ただ生きるだけでよいのに。

なんでしょうか、我々の世代に共有されている呪いなのでしょうか、あるいは義務教育の方針であったのか、我々は「ただ生きる」ことを許容してもらえない。

生まれた意味、生きる目標、達成感、自分の軸、あらゆる手段で、我々の人生に物語性を持たせようとする圧力がどこかにあります。

まあ確かに「ただ漫然と生きる」よりは、自らの物語を構築しながら生きていく方が健全なのではないかという気はします。

しかしもはや「ただ生きる」こと、それ自体が密度の高い物語となりうるくらい、我々の世代は切迫して来ています。切迫しているというか、金がなく、国に対する希望がなく、情報過多ゆえに夢を見ることもできない。

「ただ生きる」ことが精一杯なのです。

なんかもう

もう限界なんだと思います。こんな些細なことで限界になるのも器の小さい話だなあとは思うんですが、私は筋の通らないことを無理矢理通そうとされるのが本当に本当に嫌いなんだなあと。


心の均衡が保てなくなってきました。些細なことで怒り、悲しみ、動揺し、挙動が不安定になってきたことを実感しています。潮時なんだと思います。


なんらかの形で距離を置くことを考えたい。

熱中症

人体は壊れる、という意識が共有されてるのは良い傾向だと思います。

理性、肉体、精神、全てが良い方向に循環していくようなライフスタイルを送りたい。そういうスタイルを全員が貫いた時にその組織がどうなるかはわからないけど、それで滅びるようなら元々ダメだったんではないのかな。

組織を人体、例えば筋肉に置き換えた時、毎日朝晩ウェイトトレーニングをするビルダーはいないわけです。そんなことをしたら壊れてしまう。精神に置き換えても卑近な例がままあります。


無理をしない。色んな人が無理をしなくても回ってる組織に属したいですね。今のところ私を含め周りの人間はみんな無理をしています。どうして無理をしてしまうんかな。

キャパとか限界とか

人によって限界は異なる、というただそれだけのことを理解しないがゆえに大体の不幸は起きている気がしないでもない。


まあ他者への期待ゆえなのでしょうが。


他者に期待しない。救いを自分の中で完結させる。脱落した他者を責めない。他者の人生はあなたの人生ではない。


寛容にならなければならない。怒りを顕にしてはいけない。他者への期待を裏切られた時、それを他者の責としてはならない。

修羅場

仕事をする上で修羅場というものがある。
これもまあその1つに入る。利害関係者の方々の健闘をお祈りします(不謹慎)。


私はクソ役人なので、青梅市みたいな辺境の、むしろ役所側が金をばら撒いていかないと繁栄していかないような地域の談合は、自然の摂理の一部だと思ってしまいますが。まあ予定価格の99%はやり過ぎかな。無駄遣いって言われてもなかなか説明つかんもん。役所側にも金は無限にあるわけではない。


こういう修羅場に至った時、リーマンは趣味とか家族とかのたまってる余裕はなくなるはずで、やはりワークライフバランスとかいう概念はかなり遠いところにある気がする。私もこの当事者だったら家事とか稽古とか呑気にやってる場合じゃなくなると思います。メンタル的にも仕事の物量的にも。

話が逸れるかもしれませんが、「非寛容な社会」「監視社会」というタームで昨今の日本を表すのがブームなようです。ほらJRの運転手が運転中に水分補給したり、ハム員がお弁当注文したらポアされたみたいなの。
でもそういう文句言える余裕のある人がいるだけまだいいのかもしれないですね。