読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶりこらーじゅ

思いついたことを組み合わせて

長閑

あまりも穏やか。したくないことをしない。しなくちゃいけないことをやる。趣味に義務感を抱かない。仕事は頑張る。人間のできた彼女。そこそこ健康な体。快適な通勤経路。


目の覚めるような感情というものはどこかに消えた。血反吐を撒き散らす経験、自分はこのために生きてきたのだと思えるような達成感、大恋愛、ひどい失恋。


どちらが幸せでしょう。

少なくとも後者は公僕にも良きパートナーにもなれませんな。


春を行き来する

年度末年度始め、またタイムスリップしてしまった。何日ぶりか。


桜の咲くところと、まだ蕾のままのところと、雨の降る街と、青空の見える街と、吐く息に白んでしまう地域と、春の匂いを感じる地域とを行き来しているうちに、自分の所在がよくわからなくなっていた。要するに風邪を引いたりした。年度始めなので風邪でも休む余裕もなく、残業もけっこうした。人間はそう簡単にはくたばらない。

道家の中には人間の体は壊れないものだと勘違いしてる人もいるらしい。あまり私には近づかないでほしい。


仕事。2年目でほぼ同じ仕事なので調子をこいている。来年やるであろう分掌が概ね予想できるので、今先輩が何をやっているのか把握しておきたいが、先輩は週8日働いてるんじゃないかというくらいフル稼働してるので、のんびり事務手続きのことを聞いてる余裕もない。同期に聞こう。


真面目な話になってしまった。


最近渇望が足りない。学校の部活でよくありがちな「全国出場!!」とか、クラスの好きな女の子にどうアタックしようか、みたいなあの飢えが足りない。日々の生活に満ち足りているということでしょうか。現状目標は特にない。あー、職場の全職員の事務机の更新作業をスムーズに済ませることが目標かなあ。なんと志の低いローカルな課題であるか。都政を支える、グローバルに活躍する。ノンノン、現実はクルクル時計を回してるたけなんだね。




パラダイム

偏差値が違うと会話が成り立たないっていうアレあるじゃないですか。アレをひしひしと感じています。細かくは言えませんが、思考体系、言葉の感覚や定義、そういうところの差異に耐えきれなくなる体験。偏差値の話なのかな?よくわからない。異文化と言った方が適切な気がする。文脈、前提の欠如。コミュニケーションの不可能性。


最近できなくなってきたこととできるようになったことがある。できなくなったことがあると言うことができるようになった。そんな感じ。

新しい革靴をおろす。


新しい靴をおろしてハッピーハッピーな感じの曲があったっけ。当然この天気なのでその限りではない。


天気に左右されない強い心を?ちがうな、雨を楽しめるポジティブな心か。うーんピンとこない。


雨はどうして嫌なんだろう、濡れるからかな。そりゃ晴れ晴れとしてるよりは気持ちよくないよな。ジメジメしてるしな。ジメジメ、ジメジメか。ジメジメが嫌なんだなあ。


昔はジメジメ感に浸って、ジメジメした音楽を聴いて、ジメジメとした感傷に浸る余裕もあったんだけど、今では毎日8:25分までにシャッキリ明るいフレッシュマンにならなきゃいけないような感じがあるので浸ってもいられない。


社会人と学生の差で一番大きいのはこの点のような気がする。社会人はネガティヴな流れに思う存分身をまかせて感情を爆発させることができない。調和、平和を祈らなければならない。世界平和へと進んでいかなければ。争いはだめ。できます。やれます。みんな仲良く。

突破口

意外とアクセスがあることに驚く。


最後に土曜出勤をしてから力尽きていたらしい。思うところは色々あったんだけどもスマホをぽちぽちする気力もなかったようだ。今もない。


今日は異動が決まった上司のプレゼントを買いに行くなどしていた。給料1日ぶんくらいの価格のネクタイを買ったが、1年間僕の尻拭いをしてきたことを考えると僕の貯金全額相当の何かをプレゼントしてもよかったんじゃないかと思う。


なんだか自分には珍しく綺麗な言葉が出てきた。別にテンションが高いわけではないが、これが春というものなのだろう。


今週は年度末締めで死にかけることだろう。土曜日には試合があり、そして日曜がきて、また五日間息継ぎする間も無く泳ぎ続けるのだな。



今日はとても寒くてびちょびちょだ。お湯を浴びて、お湯に浸かって、お湯に潜りたい。あったかい何かに一度自分の体を分解させられて、アメーバ状の何かになって、再構築してまたお湯から出る。お湯から出てもまだ二足歩行の生物にはなれなくて、土日二日間かけてようやく骨格ができて、筋肉ができて、よちよち歩きをはじめて、そして月曜になる。

どうやら世の中には二足歩行のいきものとして土日も活動できる人がいるらしい。すごい。

ワークライフバランス

こんな言葉があるからプライベートが大事になって辛くなるんだ、元々プライベートライフなんてものはない前提で仕事してたほうが色々スムーズだ


それでも家庭を持ったらそんなことは言えなくなるだろうし、一線引くスキルは必要なのだろうな。自分が仕事に飲まれて子供ほっとくわけにはいかんもんな、課長の気まぐれで子供泣かせるわけにはいかんよな


妙に感情的になった休日出勤でした